中医学と西洋医学 自然流薬局

薬局情報

薬局イメージ01
薬局イメージ02
薬局名 中医学と西洋医学 自然流薬局
代表者名 代表取締役 渡邊 英俊
住所 〒983-0862 宮城県仙台市宮城野区二十人町301番地の5 アモローソ仙台駅東101
電話番号 フリーダイヤル:0120-010108 
TEL:022-295-0493
FAX番号 022-295-0493
E-mail na-ve@mail.goo.ne.jp
URL http://www.shizenryu.jp/
設立日 1994年(平成6年)12月1日
他100選受賞 【アトピー部門】http://atopy100.com/shizenryu-2
【漢方相談部門】http://kampo100.com/shizenryu

薬局の特色

「中医学と西洋医学 自然流薬局」は、病院に行っても結果が出ない方がとても多くいらっしゃいます。そして、高齢出産と言われる35歳以上の方が70%をこえていて、そのうち40歳以上の方も30%以上も来店されています。
卵巣予備能のAMHも年齢よりも低い方が多く、「卵子の老化」をとても気にする方が多いです。

そのような方には当店では「滋補腎精(じほじんせい)」というやり方で補っていきます。それから補血をして栄養たっぷりの血を増やし、血流を改善して行き、滞っているところや詰まっているところを流していきます。

また、「お子様が欲しい」ということばかり考えていると、治療の方向性を見失うことがあります。当薬局では最初に「お子様は何人欲しいと考えていますか?」とお聞きしています。
その質問をすると「1人は欲しいです」という答えが多いのですが、ほとんどの方は「2人以上」と答えられます。そのためには体外受精をするときには、採卵して凍結した胚を移植する前に、どのくらいの数の胚を凍結してから移植するかを一緒に考えていきます。一人目を妊娠して出産し、母乳断ちしてから二人目のお子様のために採卵しようとすると、2年経ってからの採卵となり、凍結胚が無いとますます難しくなります。ですから、直ぐに移植をするではなく、凍結胚を増やすことも選択肢の1つとして考えてもらいます。

卵子を良くすることには、メンタルの状態も重要です。いつも不安感やイライラしていれば、自律神経のバランスが乱れ。交感神経が優位の状態が続くことにより、血管が収縮して巡りが悪くなりますので、メンタルの調節のためにカウンセリングを充分にするようにして、心の悩み・負担を軽くするようにします。

また、自然妊娠を希望しているのに、性交回数が月に1~2回しかなさらない夫婦が多いです。その理由として女性の「性交痛」、「膣乾燥症」が半分くらいいらっしゃいます。膣の潤いが足りないため、性交時に痛みが有り、興奮性が低下する。女性の膣が潤ってくれば、この悩みも解消致します。

そして、男性不妊の相談は奥様が来店されないときに悩みを伺うようにしています。精子の数が不足、運動率が悪い、精策静脈瘤がある、勃起不全など、病院に行ってもあまり改善されていない。また、奥様には言えないSEXの悩みをお持ちの男性も多いです。不妊に対するご夫婦の考え方の違いについても、じっくりとカウンセリング致します。

その他、不妊初心者の相談を受けることもあります。病院に行きたくは無いけれども話を聞いてもらいたい、何から始めれば良いかわからないなど、病院に行く前の入り口としてのカウンセリングも行っています。

貴店が得意とするタイプ

着床障害、高齢不妊症、習慣性流産(不育症)、採卵ができない状態の改善、男性不妊、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、冷え性、血流が悪い方、子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレート嚢腫、不妊でストレス過多のタイプなど。

不妊の原因としてどういった可能性が考えられますか?

女性は母体が整っていない方が多いです。年齢の高齢化、卵子の老化、冷え性、貧血、ストレス過多、そして日光に当たらないためのビタミンD不足など。
男性は射精回数が少ないための精子の老化、喫煙、飲酒、ストレスなど。
男女ともに関することは、肥満、睡眠不足、セックスレスなどです。

不妊はどうすれば改善できますか?

女性が妊娠して継続できる母体作りが大切です。
良い血液がたっぷりと有り、それが隅々まで充分に巡りことです。
そのためにドロドロとした血液を解消して卵胞や卵子に栄養をたっぷりと巡るようにします。
また卵巣の働きを高めるために「滋補腎精(じほじんせい)」の漢方薬で補うようにします。
メンタルも大切で、悲観的・マイナス思考に陥らないように、十分なカウンセリングでメンタルケアをしていきます。

過去の事例から妊娠できる可能性について教えてください。

42歳の2人目不妊の方です。病院で体外受精を何度も試みたけれども結果が出ず、肉体的にも精神的にも負担が大きくなり、病院での治療をやめました。
半年ほど経つと何もしない不安感が押し寄せて、漢方を飲み始めました。
カウンセリングを続けながらマイナス思考を変えていき、滋補腎精、補血、血流改善の漢方薬を続けていたら、無事に自然妊娠で元気な男の子を産むことができました。
高齢不妊でも、足りないところは補い、滞っているところは巡らせ、メンタルを改善していけば、良い結果が出てきます。

実際に貴店への依頼方法や流れを教えてください。

電話などによる遠隔相談可能(全国)

概算の費用目安について教えてください。

●原因が1つなら1ヶ月5,000〜10.000円くらい
●複数の原因があるときには1ヶ月30.000円くらいから
●周期調節法の場合は、1ヶ月30.000円くらいから
●男性不妊の場合は、1ヶ月10000円~20000円くらいです。

子宝を望む方に対するメッセージ

「どうしても子供が欲しい!」を言う願いは、みなさん同じです。
そのためにいろいろと努力を続けていると思います。

インターネットの世界でいろいろと調べてみても、自分にはどれが合っているかわからないと思います。仮に「これが私とピッタリとあてはまる」と思ってみても、インターネットの記事の方は、自分と同じ体質なのかはわかりません。

そのように悩んでいる方は、まず「中医学と西洋医学 自然流薬局」にいらしてカウンセリングを受けてみて下さい。「何が原因なの?」と考えても、西洋医学的には明確な答えが出ないこともあります。でも漢方の考え方ではどの様な体質なのか、足りないところ滞っていて巡らない所などの治療ポイントが、漢方の考え方ではわかることが多いです。

「子宝に恵まれたい!」そのように思っていろいろと努力をされているのになかなか恵まれないのは、女性だけでは無く、男性の原因も半分くらいあるのです。
奥様だけではなくご主人も一緒になって取り組んで行きましょう。
不妊の原因は、妊娠できる元気な精子と卵子、それと温かくフカフカとした子宮内膜、そして十月十日じっくりと成長させる母体の力が必要なのです。
どれ1つ欠けても子供は産まれてくることはできません。

自分だけの原因で子供が出来ないと言うことはありません。
もっと自分にやさしく、自分をいたわり、自分を認めて下さいね。
あなたはがんばっているのですから。

ご自分の赤ちゃんをギューッと抱きしめたいと思っている方は、「フリーダイヤル 0120-010108」に、
「子宝相談の予約をお願いします。」とお話し下さい。
無理なお勧めはしておりませんので、お気軽にご相談下さいね。

ご来店案内

中医学と西洋医学 自然流薬局

住所 〒983-0862
宮城県仙台市宮城野区二十人町301番地の5 
アモローソ仙台駅東101
連絡先 TEL:022-295-0493
フリーダイヤル:0120-010108
FAX:022-295-0493
営業時間 10:00~20:00
定休日 日曜・月曜・祝日
店舗写真




サブコンテンツ