漢方専門 後楽堂薬局 -北京中医医薬大学提携-

後楽堂薬局イメージ1後楽堂薬局イメージ2

薬局情報

薬局名 漢方専門 後楽堂薬局 -北京中医医薬大学提携-
代表者名 今井太郎
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷1-25-5見学ビル1階
電話番号 03-3818-0371
FAX番号 03-3818-0372
E-mail info@kanpo-kourakudo.com
URL http://kanpo-tokyo.net/
設立日 2013.3.1
他100選受賞 【アトピー部門】http://atopy100.com/kourakudo-2/

取り組み内容

漢方では個人特有の体質、環境、季節などを重要視するため、 今までの経過や、体質・疾患の状態を詳しく伺います。 また、夫婦のご意向や価値観も重要視しておりますので、できるだけご希望に添えるような形でお話を進めます。現在の生活も詳しく伺い、改善できそうな食事・睡眠・タイミングなどの指導も行っています。必要であれば、人工授精、体外受精、顕微授精なども併用しています。中医学的な分析(弁病・弁証)を行い、東洋医学的に体をとらえ、漢方薬をお選びしています。

薬局アピールポイント

”漢方だからできることがあります。””漢方にしかできないことがあります。”「漢方専門 後楽堂薬局」では、お一人お一人のお悩みをじっくりとお聞きし、体質や疾患にあった漢方薬や養生法を提案しています。長い間お悩みの疾患や症状を一緒に改善していきましょう。東洋医学は「からだ」のバランスを取る医学です。余分なものがあれば排除し、不足しているものがあれば補ってあげるという考え方です。分析医学では非常に優れている西洋医学ですが、治療に行き詰まっている方が、東洋医学のアプローチに変えた途端、劇的に良くなる場合がございます。そんな一面も漢方の魅力だと思います。少しでも多くの方に漢方の素晴らしさをお伝えできればと日々願っています。 今井太郎

お客様・患者様へのメッセージ

漢方医学では、妊娠・出産には“妊娠しやすい体づくり”が重要であり基本であると考えます。心身ともに健康で、正しい生理があれば、赤ちゃんも授かりやすいということです。妊娠しやすい体づくりとは、体のエネルギーである“気(き)”と良質な血液である”血(けつ)”が充実していること、生殖能力・生命力の源である“腎精(じんせい)”が十分に機能していること、気血の巡りがスムーズであることが必要であると考えます。これらのバランスが崩れたり、不足したりすると、妊娠力の低下につながり、不妊の大きな原因となります。最近では「35歳からの卵子の老化」という言葉もよく聞かれるようになりました。毎月の生理の状態は、卵巣や子宮の状態を表すバロメーターであり、漢方相談では重要な情報です。また、御主人様の精子が元気であることも無視できません。中医学では長い歴史の中で、「不妊」に対し、臨床が繰り返され、不妊症をどのように克服するかの研究が進められてきました。体外受精、顕微授精との併用も増えてきています。後楽堂薬局では、中医学の考えに基づき、症状や体質、今までの経過などを詳しく伺い、漢方医学的な立場から不妊の原因を分析し、お体に合ったお薬をご提案いたします。ご相談いただいた方の「健康」と「幸せ」のお手伝いができるよう、後楽堂薬局は全力で取り組んでいます。

「漢方専門 後楽堂薬局」ご来店案内

住所 〒113-0033 東京都文京区本郷1-25-5 見学ビル1階
問合わせ番号 TEL 03-3818-0371 
FAX 03-3818-0372
営業時間 10:00~19:00(18時以降は要予約)
定休日 火曜・日曜・祝日
後楽堂薬局イメージ3




サブコンテンツ